モロッコの世界遺産 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


メディナと世界遺産

ユネスコに指定された世界遺産が、モロッコには現在8か所あります。モロッコにおける世界遺産の特徴、および魅力は、人びとが現在も生活している街そのものが世界遺産の指定を受けているということ。史跡や建築物、それをめぐる人びとの息遣いが感じられ、それが最大の魅力となっています。

1.マラケッシュのメディナ
2.アイト・ベン・ハッドゥ
3.フェズ・エル・バリ
4.古都メクネス
5.ヴォルビリス
6.ティトゥアンのメディナ
7.エッサウィラのメディナ
8.アル・ジャディーダのポルトガル都市

モロッコは、北西アフリカのアルジェリア、チュニジアと合わせて「マグレブ」と呼ばれます。マグレブとは、「西方」つまり、「日の没する土地」の意味。「日の出ずる国」と呼ばれた時代もあった日本とは対照的な・・・だからこそなにかつながりを感じる位置にあります。

モロッコの街は、ほとんどが旧市街(メディナ)と、新市街に分かれています。旧市街は、7世紀にアラブ人が侵入してきたときに作られた古い街並み。「メディナ」とは、アラビア語で「預言者の町」を意味します。一方、新市街は、19世紀に発達した、近代的な街です。世界遺産に指定されたメディナは、いずれも人がやっとすれ違えるかどうかの狭い路地がくねくねと迷路のように走っています。
そこには、スークと呼ばれる商店街や土産物店、住宅がまさにぎゅっと詰まっています。でも、商売に躍起になっているという感じはまったくなく、のんびりとしたやり取りが魅力となっています。

tag:モロッコ 世界遺産

アイト・ベン・ハドゥ

モロッコの世界遺産の特徴は、何かひとつの建物というのではなく、人びとが生活を続ける街そのものが世界遺産指定をされているということです。
ファズ・エル・バリの世界最大のメディナ(旧市街)の町並み、マラケッシュのメディナ、古都メクネス、ヴォルビリス、ティトゥアンのメディナ、エッサウッィラのメディナ、アル・ジャディーダのポリトガル都市、そしてベルベル人たちのカスパであるアイト・ベン・ハドゥです。

7世紀にアラブ人による支配をのがれたベルベル人は、アトラス山脈を越えて、オアシスにカスバを築きました。カスバというのは、城砦です。
アイト・ベン・ハドゥというのは、現在「カスバ街道」と呼ばれるエリアで、ワルザザード近郊西に33キロメートルに位置します。カスバ化した村「クサル」の典型的な例といえるでしょう。
映画の『アラビアのロレンス』や『シェルタリング・スカイ』で実際にロケ地となったのが、このアイト・ベン・ハドゥです。

日干し煉瓦の乾燥した、埃のけむる光景は、殺伐とし、人を寄せ付けない厳しさと迫力を見せています。特別な歴史があるわけではありません。むしろ、人の手であれこれと加工されていない、不思議な、現実離れした空間の広がりこそがここのここたるゆえんかもしれません。

しかしそれでも人は住みます。小川のほとりの丘の斜面を利用して建てられた「村」には、巨大な門が構え、高い城壁が張り巡らされています。
それでもここには現在もベルベル人の家族が5〜6家族住んでいます。カスバ街道には、他にも幾つか同様の村が存在しますが、ここアイト・ベン・ハドゥの保存状態は格段に良いといえるでしょう。来るものは拒む!まさにそう言っているかのようです。ここはやはり、難攻不落の要塞なのです。

tag:アラビアのロレンスシェルタリング・スカイ

クトゥビアの塔|モロッコマラケッシュ

マラケッシュは、モロッコのほぼ中央に位置します。標高450メートル。北から、大西洋岸から、そしてサハラ砂漠から・・・あらゆる民族、あらゆる物資、あらゆる情報がここに集います。街の背後には、オート・アトラス山脈があり、北の肥沃な土地と、そこからはるか南のサハラ砂漠との隔壁となっています。

3000メートルから4000メートル級の山並みが悠然と街を取り囲みます。旧市街は、赤土の日干しレンガで造られた建物がならび、赤茶色の世界。ナツメヤシやオリーブの緑が赤茶色と鮮やかな対照を示します。それとは対照的に、新市街には近代的な建物が立ち並びます。

マラケッシュの街は、大きく3つの地域に分かれます。
1.ギリーズと呼ばれる新市街。
2.ジャマ・エル・フナ広場を中心としたメディナ(旧市街)。
3.王宮のあるメディナの南側の史跡地区。

マラケッシュの見どころ
☆メディナ(旧市街)
★クトゥビア・・・メディナの西にそびえ建つ、マラケッシュのシンボル。高さ約77メートルのミナレット。「ミナレット」とは「塔」の意味。4面それぞれに異なる装飾をもつムーア様式建築は圧巻と言えるほどの美しさ。
夜には、ライトアップされ、その美しい壁面が暗闇のなかにくっきりと浮かび上がります。
夜、マラケッシュの町を一人で出歩くのはちょっとお勧めできませんが、ライトアップされたその姿をぜひ、ご覧いただきたいです。
このミナレットは、セビリアのヒラルダの塔と並ぶ、世界で最も美しいミナレットのひとつとされます。

tag:モロッコ 旅行モロッコ 世界遺産モロッコ料理

フェズ・エル・バリ

モロッコにはユネスコに指定された世界遺産が、現在、8か所あります。1.マラケッシュのメディナ、2.アイト・ベン・ハッドゥ、3.フェズ・エル・バリ、4.古都メクネス、5.ヴォルビリス、6.ティトゥアンのメディナ、7.エッサウィラのメディナ、8.アル・ジャディーダのポルトガル都市です。

世界遺産に指定された都市、フェズ・エル・バリは、1,000年以上も前、モロッコで最初のイスラム王朝、イドリス朝の都となりました。世界最大のメディナです。メディナとは「旧市街」のことです。しかし、今もなお、市民の生活の場として生き続け、それがこの古くて新しい街の魅力となっています。
城壁の内側には、無数の細かな・・・ほんとうに細かな路地がくねくねと網の目のように延びています。

ところどころ目印となるのは?
壮麗なモスクや新学校、美しい中庭をもつ民家です。その他公衆浴場や、市民の台所「スーク」(市場)も魅力にあふれています。世界一複雑な迷路のような旧市街(メディナ)の観光では、イナニア神学校や、ブー・ジュルード門が観光の目だまです。

ブー・ジュルード門
メディナの入口にある、フェズ最大の門です。
建造は1913年。外面には、幾何学模様に彫刻が施され、青色や緑色のタイルが彩られています。
まさに芸術的な門です。しばしたたずんでみていると、さまざまな人がこの門に吸い込まれていくのを、また吐き出されてくるのをみることができます。門のアーチからはふたつのミナレットが覗いています。

新市街から世界遺産のメディナ(旧市街)へのバスは次の通り。
ムハンマド通りの観光案内所から
●2,9番のバスで、ダール・バトハ博物館前のイスティクラル広場まで。
●19番と29番は、フェズ・エル・ジュディドのセマグ門へ。
●ブー・ジュルード門からフェズ駅までは10番か47番。
●新市街からは、19番に乗ります。

もちろん、バスに乗ってもいいですし、市内を走る「プチタックシー」(近距離専用の赤い車体のタクシー)か、「グランタクシー」(同じ方向へ行く数人5?6人が集まると出発する乗合タクシー)を利用するものもOK。でも、せっかくだから歩いてみてもいいのでは?きっと最もモロッコの本当の姿をみることができるでしょう。

tag:モロッコ 世界遺産

王宮

フェズフェズ・エル・ジュディド地区の観光名所・・・王宮
新市街から、フェズ・エル・ジュディド地区を抜け、世界遺産フェズ・エル・バリへ至るまでの観光名所は、まずは、1)王宮、2)メラー、3)フェズ・エル・ジュディド通り、4)ブー・ジュルード庭園となります。

その中でも「王宮」を訪れてみるのがお勧めの観光ルートとなっています。フェズの街の地図を片手に、ゆっくりと歩いてみるのもいいでしょう。フェズの街の地図をみてください。フェズ・エル・ジュディド地区の中央に位置し、広大な面積を占めているのが、「王宮」です。
市街地の観光局から、横道ムーレイ・ユーセフ通りを北東に5分ほど歩くとつきあたります。かつてのスルタン、つまり11世紀以降、主としてスンニー派イスラム王朝の君主、の居城であり、スルタンの兵士たちの駐屯地だったところです。何世紀にもわたって改築、増築が施され歴史を感じさせるたたずまい。現在は、モロッコ国王がフェズに滞在するときに使用されます。

王宮前広場、「アラウィート広場」には、美しい花々が植えられています。正面に構えているのが王宮の正門です。中には入ることができませんが、きらびやかな門の装飾を眺めているだけでもうっとりしてしまいます。王宮の先は、メラー(フェズ・エル・ジュディドの南側にある旧ユダヤ人居住地区)になっています。モロッコには、現在、6割を占めるアラブ系住民、3割をしめるベルベル人のほか、ユダヤ人とフランス人が在住しています。歴史においてはいろいろあったのですが、現在は、民族の対立はほとんどないといいます。町のなかでいろいろな民族がどのように共存しているかをみるのもまた一つの楽しみ方かもしれません。
ここフェズのメラーは、最古のものだそうです。14世紀当初は、現在世界遺産となっているフェズ・エル・バリの北側にありました。15世紀にこの王宮の先に移動したのです。

tag:モロッコ 世界遺産