世界遺産候補 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


国立西洋美術館本館(日本の世界遺産候補)

現在、日本の世界遺産(文化遺産)暫定リストに登録されているひとつに、国立西洋美術館があります。東京台東区に位置する、西洋の美術作品を専門とする美術館です。

印象派など、19世紀から20世紀前半の絵画や彫刻を中心とする松方コレクションを基にしたこの美術館がなぜ世界遺産候補になったのでしょうか?

この美術館の本館は、ル・コルビュジェの設計によるものです。1998年には旧建設省によって「公共建築百選」に選定されています。
国立西洋美術館は、1998年に大規模な免震レトロフィット工事を行いました。これは地下を含めすべてを地盤から絶縁するという大掛かりな工事です。日本における免震レトロフィット工事としては初のものでした。人名と作品の保護、さらに美術館全体としての安全な利用を可能としたのです。

フランス政府は、暫定リストにフランス国内にあるル・コルビュジエの作品を13件、登録しています。「ル・コルビュジエ建築と都市計画」と称すこのなかに、フランス政府は、ドイツやスイスにあるル・コルビュジエの作品と同様、日本の国立西洋美術館本館も推薦を検討していることが報道されたのです。

最終的に世界遺産への登録の可否が決定するのは、2009年の世界遺産登録会議を予定しています。
申請されるのは、世界7カ国に散在する計23件です。日本国内にある文化遺産を外国政府が推薦するのは史上初の試みです。

現在、日本でも2007年に文化庁が、この西洋美術館を日本の重要文化財にしている予定を立てています。

長崎の教会群とキリスト教関連遺跡(日本の世界遺産候補)

長崎県には、現在、全国の約15パーセントものキリスト教信徒が在住し、キリスト教文化の色濃い地域です。

2007年にユネスコの世界遺産暫定リスト(文化遺産)に登録された「長崎の教会群とキリスト教関連遺跡」は、長崎県の西部海岸沿いと五島列島の島々に点在する教会群とその関連遺跡を指します。登録を目指しているのは、原爆被爆後に再建された大浦天主堂をはじめとする以下の資産です:

旧羅典神学校、黒島天主堂、旧五輪教会堂、青砂ヶ浦天主堂、頭ヶ島天主堂、田平天主堂、旧出津救助院、出津教会、大野教会、堂崎教会、旧野首教会、江上教会、宝亀教会、原城跡、吉利支丹墓碑、日野江城跡、日本二十六聖人殉教地、ド・ロ神父遺跡、サント・ドミンゴ教会跡など。

長崎の教会群とキリスト関連遺跡は、ユネスコの文化遺産登録基準の2,3,4,5を満たすとしてその認定が待たれています。
具体的には次の点があげられています。なかでも基準6は、その迫害と殉教の歴史を前面に押し出し、この遺跡の独自の特徴を示しています:

基準6 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産は、迫害と殉教、また世界史に類を見ない250年の潜伏からの劇的な復活という世界に大きな衝撃と感動を与えた出来事の直接的な舞台である。さらに、本資産は日本の著名な文学作品の主題及び舞台になっており文学史のなかでも重要な位置を占めている。
また、400年を経て今なおカクレキリシタンに歌い継がれている「オラショ」は、宣教師によりもたらされた典礼音楽のグレゴリオ聖歌や16世紀のスペインの一地方の聖歌を原形とし、当時の形態を伝承するものである。」

基準6にみるように、長崎の教会群は、為政者によって弾圧されてきた歴史を伝える負の遺産です。

長崎に投下された原爆の傷跡同様、こうした負の遺産も二度とその過ちを犯さないよう警鐘を鳴らす存在として受け継いでいくべきものだと痛感します。

飛鳥・藤原の宮都とその関連遺跡群(日本の世界遺産候補)

JR京都駅から近鉄線に乗り、飛鳥駅で下車、そこからバスまたは徒歩で少し行った、奈良県の東部には飛鳥・藤原の宮都とその関連遺跡群が広がっています。

飛鳥・藤原は、592年に推古天皇が飛鳥に豊浦宮を開いて以来、710年に平城京へ遷都されるまで、飛鳥時代の歴代の天皇が宮をおいた地域です。

実際、遺跡の大半は地下に遺存するため歴史的建造物はありませんが、ここは、天皇が政治を行った古代都市の歴史を偲ばせる、貴重な空間なのです。

石舞台古墳、高松塚古墳、キトラ古墳などの他、大和三山(耳成山、畝傍山、天香具山)など多数の遺跡が残っています。

これらの遺跡群は、2007年ユネスコの世界遺産登録を目指し、「富岡製糸場と絹産業遺跡群」(群馬県)、「富士山」(静岡県・山梨県)、「長崎の教会群とキリスト教関連遺跡」(長崎県)と共に、世界遺産暫定リストに登録されました。

奈良県では、すでに、唐招堤寺や東大寺と春日山原始林周辺の「古都奈良の文化財」、法隆寺や法起寺三重塔などの「法隆寺地域の仏教建造物」さらに三重県、和歌山県、奈良県の3県にまたがる吉野山などの「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコの世界遺産「文化遺産」に登録されています。

さらにこの「飛鳥・藤原宮都とその関連資産群」が登録されれば、奈良県にとって第4番目の世界遺産となります。

大きな岩がそびえる「石舞台古墳」など、古代の香り高いこの飛鳥・藤原の宮都とその関連の遺跡群は世界遺産に登録され、その普遍的な価値を再認識される日が早く来るといい、と日本人として切に思います。

富岡製糸場と絹産業遺跡群(日本の世界遺産候補)

絹(生糸)は、開国直後の日本においてお茶と並び、利益が期待された輸出品でした。

群馬県富岡市にある「富岡製糸場」は、日本初の器械製糸工場です。明治5年(1872年)に操業を開始し、現在は、約1万5千坪の敷地内に開設当時の繭倉庫、繰糸場など、煉瓦建造物が当時のままの姿で残っています。

平成17年(2005年)に、「旧富岡製糸場」として国の史跡に指定され、翌年の平成18年(2006年)には、明治8年(1875年)以前の建造物が国の重要文化財として指定されました。

現在、この富岡製糸場およびそれに関連する絹産業遺跡群は世界遺産の暫定リストに登録(文化遺産)されています(2007年)。
群馬県は富岡製糸場を中心とするこれらの遺跡群の世界遺産登録に向けて、「富岡製糸場 世界遺産登録推進委員会」を設置し、遺跡の各種調査、研究、およびPR活動を行っています。

たとえば、「富岡製糸場と絹産業遺跡群」を構成する数々の資産をバスで回るツアーの実施です。
車内でビデオを上映し、普段は解説が行われないような試算についても現地で解説をするなど、一般に広くその資産の価値を伝え、理解を深めてもらおうという取り組みです。

また県政特別番組として、「富岡製糸場と絹産業遺跡群」を構成する10の資産を5回シリーズの番組で紹介する活動も行っています。

さらに富岡製糸場世界遺産伝道師協会と連係して講座を開催するなど、広報活動も展開しています。

まさに地域あげての活動は、世界遺産およびその候補の物件を有する地域が、自らの資産の価値を再確認し、誇りをもって維持していくきっかけとなっていると思います。

平泉の文化遺産(日本の世界遺産候補)

岩手県平泉は、平安時代末期、奥州藤原氏四代が約100年にわたって文化を築いてきた地です。
都の文化を受容しながら、仏教寺院・浄土庭園など、独自の文化を発達させました。平泉の文化遺産は、平成13年に「暫定リスト」に登録されました。

岩手県では、平成20年の世界遺産登録を目指してさまざまな運動に取り組んでいます。

藤原氏の文化としてまず思い浮かべるのは、中尊寺でしょう。天台宗特有の一山寺院です。850年に慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。その後、奥州藤原氏の初代清衡が本拠地を平泉に移し、造営したのです。

大長寿院は、高さ15メートルという大きな建物で、中には、高さ9メートルの阿弥陀如像が本尊として祀られています。平泉を侵攻した源頼朝が、大長寿院をみて驚き、鎌倉に永福寺を建てたといわれています。清衡は数々の大伽藍を建立し、1124年に金色堂を完成させました。金色堂は国宝となっています。他に類を見ない、平泉文化独自のものです。

中尊寺と同様、平泉文化を代表するのが、毛越寺です。中尊寺と同じ、慈覚大師円仁に開山されたと伝えられています。

当時は、お堂や塔が40以上、僧侶の生活する建物が500以上、という大きなものでしたが、火災により当時の建物は残っていません。

大泉が池は、海岸の美しさを表したもので、現在のものは発掘調査によって復元整備されました。平安時代の庭園造りの秘伝書『作庭記』に忠実に作られたものです。遣水が緩やかに蛇行し、この世の極楽浄土のようです。特別名勝の指定を受けています。

その他、倉町遺跡、金鶏山、柳之御所遺跡など、平泉の文化遺産は奥深い魅力を誇っています。

すでに世界遺産に登録された京都や奈良に続き、奥州の独自の文化として是非、世界遺産への登録が実現することを願います。

彦根城(日本の世界遺産候補)

「彦根城」は、滋賀県彦根市にある国宝の城です。現在、ユネスコの文化遺産に登録されている「姫路城」と並び、国宝に指定されています。また、国の特別史跡でもあります。
1992年に日本の世界遺産暫定リストに登録されました。

彦根城は、地理的には湖と山の間の狭い平地に立地し、東国と西国の結節点に位置します。そのため、壬申の乱、姉川の戦い、賤が岳の戦い、関が原の戦いといった、日本史上重要な合戦が古来からこの地域で勃発しており、城郭は戦略の重要な拠点となってきました。

豊臣秀吉が石田光成を、徳川家康が井伊直正をそれぞれこの地に配したのも、その地理的な重要性からです。また、幕末の大老、井伊直弼は藩主となるまでの青春時代をこの城下町で過ごしています。
直助がその不遇の時代をすごした屋敷は、「埋木舎(うもれぎのや)」として現存しています。

彦根城は、江戸時代以前に建造された天守をもつ、城郭の1つです。そのような天守は、日本全国に12箇所しか現存していません。

城は、連郭式平山城という形式をとります。城の北側には、国の名勝として指定された、玄宮園・楽々園という大名庭園が配されています。

国宝に指定されている天守をはじめとして、国の重要文化財に指定されているものが多く、重要文化財としては珍しい馬屋もあります。

数多くの映画やドラマのロケ地として利用されたことで、知っている方も多いのではないでしょうか。たとえば、『武士の一分』や『大奥』にも登場しています。2006年には、日本の100名城の50番目にも選定されました。

富士山(日本の世界遺産候補)

静岡県と山梨県にまたがる富士山は、日本最高峰の山です。立山、白山と並び、日本三霊山(日本三名山)のひとつに数えられ、日本百名山のひとつでもあります。標高3,776mの活火山である、富士山は、1990年代初めから、ユネスコの世界遺産への登録を目指し、運動が展開されてきました。

当初は自然遺産への登録が検討されていましたが、環境の管理が困難であることから国の推薦は見送られることになりました。しかし、現在では文化遺産への登録を目指し、2007年に暫定リストに登録されました。

今後、ユネスコの世界文化遺産の調査を行う、記念物遺跡会議による審査を受ける予定です。

世界遺産については登録待ち状態ですが、すでに「富士山」は1952年には文化財保護法により、「特別名勝」に指定されています。名勝とは景色の良い土地ということです。

「富士山原始林」は、1929年に天然記念物に指定されています。さらに「富士風穴」も1929年に天然記念物に指定されました。

何より、富士山はその伏流水を利用した周辺地域の経済にはなくてはならない存在です。周辺地域では、製紙業や医療関連の製造業が活発に行われているのです。

富士山の伏流水は、バナジウムを豊富に含んでいることから、ミネラルウォーターとして販売されています。また、富士山一帯には宗教施設も多く、その参拝や避暑、登山などに訪れる人たちを相手にした観光業も地域の経済を支える重要な柱なのです。

富士山の自然遺産登録をめぐっても、自然・文化保護を重視する静岡県側と、観光開発を重視する山梨県側で意見の食い違いが起こりました。富士山有料道路のマイカー規制や、富士登山客のごみ問題、などの問題が続いています。

万葉の時代から歌にも詠まれてきた富士山です。是非とも世界遺産として認められてほしいと願います。

小笠原諸島(日本の世界遺産候補)

小笠原諸島は、太平洋上にある総面積104hmの島々です。東京から約1000kmです。

小笠原諸島は、聟島列島、父島列島、母島列島を含む小笠原群島と、西ノ島、火山列島を指す、南方諸島のほか、南鳥島、沖ノ鳥島といった孤立した島々からなります。父島、母島、硫黄島、南鳥島以外は、無人島です。

もっとも、硫黄島、南鳥島に常駐しているのは、自衛隊、気象庁、海上保安庁の関係者のみで一般の住民は父島と母島に居住しています。

小笠原諸島は、生命誕生以来ずっと大陸から隔絶してきたという歴史を持ちます。そのため「東洋のガラパゴス」と呼ばれているほど、島の生物は独自の進化を遂げています。たとえば、オガサワラオオコウモリやオガサワラノスリなどの動物、ムニンツツジ、ムニンボタンといった植物など、固有種が見られます。

しかし、人間が持ち込んだ生物や島の開発で、これらの動植物は絶滅の危機に瀕しているのです。

気候は亜熱帯と熱帯に属します。聟島列島、父島列島、母島列島、西ノ島は亜熱帯、火山列島、南鳥島、沖ノ鳥島は熱帯です。夏と冬の気温差は少なく、年間を通じて温暖な気候です。梅雨はありませんが、台風は年中来ます。

文化的にも非常に興味深く、欧米系住民が話していた英語のフレーズと日本語の八丈方言、さらに日本語の標準語が混じりあい、独自の方言を生み出しています。「小笠原方言」と呼ばれます。

また、民俗的にも日本的なものと、ミクロネシア系のものが共存します。2000年に東京都指定の民俗文化財となった「南洋踊り」はミクロネシアの影響を受けた民謡です。

小笠原諸島は、ユネスコの世界遺産のなかの自然遺産登録を目指し、暫定リストに登録されています。知床、白神山地、屋久島に続く4番目の自然遺産として登録される日が待たれます。