オーストラリアの世界遺産 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


アボリジニの聖地ウルル(オーストラリア/エアーズロック)

「エアーズロック」と一般的に呼ばれているウルルは、世界で6番目に大きな面積をもつ国オーストラリアのほぼ中央にあり、ノーザンテリトリー、ウルル=カタ・ジュタ国立公園(87、94拡大 ユネスコ 複合遺産)の園内に存在します。
「大地のヘソ」「地球のヘソ」と呼ばれることもあります。

ウルルというのは、オーストラリアの原住民「アボリジニ」による呼称です。アボリジニはウルルの周辺に今から1万年以上前から住んでいるのです。ウルルはアボリジニの聖地なのです。

私たち日本人の感覚からすると、どう見ても?山のように見える、オーストラリアのエアーズロック。
実は、ウルルは隆起した山ではありません。侵食によって形成された一枚岩なのです。比高335m(標高868m)、周囲は9.4kmに及びます。世界で2番目に大きな岩石です。

現在ウルルには、杭が打たれ鎖が張られて登山路が設置されています。そのため頂上まで上ることは可能ですが、先ほども申しあげたように、ここはアボリジニの方々にとって「聖地」なのです。

ウルルには、彼らの遺した壁画があります。1千年ほど前のものと思われるそれらの壁画には、精霊などが描かれています。彼らは、観光客が彼らの聖地であるウルルに上ることを決して好ましく思っていません。そのため、アボリジニの儀式が行われるときにはウルルへの登頂は遠慮しなければなりません。

陽の移り変わりでさまざまな色に変化するウルル。朝陽と夕陽に真っ赤に染まったウルル、それは見事な美しさです。

世界遺産に登録されたことでいっそう脚光を浴びることとなったウルル。
しかし、私たちが山登りをする感覚でこの大きな聖地に足を踏み入れることは、決して許されることではないのです。

ウルル登山(オーストラリア/エアーズロック)

オーストラリアのほぼ中央に位置し、「世界のヘソ」「地球のヘソ」とも呼ばれる巨大な1枚岩、ウルル、通称エアーズロックは、世界で2番目に大きな岩石です。オーストラリアに17件存在する、ユネスコの世界遺産の1つ、ウルル=カタ・ジュタ国立公園のなかにあります。

オーストラリア原住民アボリジニの聖地である、ウルルには現在、杭や鎖が打ち込まれ、登山路が設置されています。しかし、ここはアボリジニの聖地であるため通常の登山のような気持ちで臨むことはできません。というよりも・・・その険しい自然から考え、軽く「観光気分」で臨もうなら、それこそウルルの精霊たちの逆鱗に触れ、たちまちその垂直に切り立った壁面から弾き飛ばされてしまうでしょう!

荒涼とした大地にそびえるウルルに上るのは実際、体力的にも大変なのです。頂上までの所要時間は約1時間半~2時間です。滑り易いので、鎖を使って上ることから両手を使えるようリュックサックにし、軍手が必要でしょう。靴は登山靴か履きなれたスニーカーにします。また、風が強く吹きつける上に、朝晩はかなり冷え込みます。長袖長ズボンにし、ウィンドブレーカーがあるといいですね。その一方で、日中の強い日差しに備え、サングラス、日焼け止めクリームも必需品です。

せっかく来たのだから・・・と、多少の無理をしてでも登りたい気持ちはわからないでもありません。しかし、旅の疲れもありますし、体調の優れない方、心臓や呼吸器に障害がある方、そして・・・高所恐怖症の方は・・・絶対に無理な登頂は控えましょう。登頂しなくても、ゆったりと麓を散策するだけでも十分、楽しいですよ。えぐれた基部やひび割れた岸壁など、ウルルの魅力は十分に堪能できます。

「ウルル」とは、「集う場所」という意味です。そこに集うことの価値、世界遺産としての意味を満喫したいものですね。

文化遺産・自然遺産・複合遺産(オーストラリア)

オーストラリア、正式にはオーストラリア連邦は、オセアニアに位置する、世界でも6番目に面積が大きな国です。
南東にはニュージーランド、北にはインドネシア、パプアニューギニア、東ティーモールが存在します。

英連邦王国の一国です。英国連邦とは、英国、すなわち、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の王座にある者、すなわち現在の国王である女王エリザベス二世が、各国の女王としても君臨する主権国家を意味します。
現在は16カ国で、オーストラリアもその一国であるということです。

かつて英国の植民地にあったという歴史を反映してのことですが、現在はそれぞれが独立し、英国に従属しているということはありません。「君臨すれども統治せず」の原則が貫かれているのです。

豊かで、独自の自然をもつオーストラリアには、自然遺産を中心として16件のすばらしい遺産がユネスコの世界遺産に登録されています。文化遺産が2件、自然遺産が10件、さらに複合遺産が4件です。

★文化遺産
王立展示館とカールトン庭園 - (2004年)
シドニー・オペラハウス - (2007年)

★自然遺産
グレート・バリア・リーフ - (1981年)
ロード・ハウ島群- (1982年)※
オーストラリアの中東部の多雨林保護区群 -(1986年)
クイーンズランドの湿潤熱帯地域 -(1988年)※
西オーストラリアのシャーク湾 -(1991年)
フレーザー島 -(1992年)
オーストラリアの哺乳類化石地域(リヴァーズレー/ナラコーアテ) -(1994年)
ハード島とマクドナルド諸島 -(1997年)
マッコーリー島 -(1997年)
グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 -(2000年)
パーヌルル国立公園 -(2003年)

★複合遺産
カカドゥ国立公園 - (1981年)
ウィランドラ湖群地域 - (1981年)
タスマニア原生地域 - (1982年)
ウルル-カタ・ジュタ国立公園 - (1987年)