世界危機遺産 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


危機遺産リストへ登録する理由

『顕著で普遍的な価値』を持っていると世界遺産委員会によって認定されたものが、世界遺産リストに登録されます。しかし、世界遺産に登録されたもののその『顕著で普遍的な価値』の保持が危ぶまれると『危機にさらされている遺産(危機遺産)』のリストに記載されることになります。

危機遺産リストに登録されると、世界遺産基金からの資金支援や国際的な支援を受けることが可能となります。政情不安や財政難に苦しむ国家にとって、危機遺産リストへの登録は大きな意味を持ちます。また、危機遺産リストに登録されたことで、近隣の開発に歯止めをかける圧力となることもあります。


文化遺産
●「決定的危機」
 ・ヴィエリチカ岩塩坑(ポーランド)・・・湿気により岩塩のモニュメント類が劣化。
 ・バーミヤンの大仏・・・ターリバーンにより破壊。
 ・古都ザビード(イエメン)・・・コンクリート建築の増加によって伝統的な景観が失われつつある。
 ・フィリピン・コルディリェーラ・・・棚田群後継者不足や品種改良の弊害など多面的要因によって二千年来の景観が崩壊しつつある。
●「潜在的危機」
 ・ドレスデン・エルベ渓谷・・・橋の建設計画が持ち上がり、世界遺産リストからの抹消が継続審議されている。
 ・ドゥブロヴニク旧市街(クロアチア)・・・旧ユーゴスラビア紛争の影響。
 ・チャン・チャン遺跡地帯(ペルー)・・・建材である日干し煉瓦の風化が進行。


自然遺産
●「決定的危機」
 ・ガランバ国立公園(コンゴ民主共和国)・・・キタシロサイが激減。
 ・スレバルナ自然保護区(ブルガリア)・・・農薬の汚染が深刻化し、世界遺産登録抹消も検討。
 ・ヴィルンガ国立公園(コンゴ民主共和国)・・・ルワンダ内戦によって難民の流入が深刻化。
●「潜在的危機」
 ・ニンバ山厳正自然保護区(ギニア/コートジボワール)・・・鉱山開発が環境破壊につながっている。
 ・アイル・テネレ自然保護区(ニジェール)・・・トゥアレグが起こした内戦に脅かされた。
 ・マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園(中央アフリカ)・・・密猟が横行し、公園スタッフの殺害なども起きた。

危機遺産への新たな記載

ユネスコの世界遺産は、登録された後も6年ごとにその保全状況を報告し、再審査を受ける必要があります。
たとえば、城と歴史ある村落で有名なドイツのドレスデン・エルベ渓谷は、交通渋滞の解消のために橋の建設が計画されました。

しかし、建設された場合、景観の広がりが分断されてしまうとして、世界遺産委員会は、「危機遺産への登録」および、世界遺産リストそのものからの除去の可能性も警告しました。橋の入札が停止されたことで、登録抹消されることはなくなりましたが現在も危機遺産リストに挙げられています。

このように世界遺産としての「顕著で普遍的な価値」が危ぶまれると、危機遺産リストの登録、さらには世界遺産登録の抹消という措置がとられることになります。
一方、いったん危機遺産に登録されても、その後の努力で後世へ残されると判断された場合には危機指定を解除されることもあります。

2007年ニュージーランドで行われた第31回世界遺産委員会で、危機遺産に登録された物件は3件、危機指定を解除された物件は4件です。

危機遺産に登録された物件
●ガラバゴス諸島(エクアドル 自然遺産)
 観光開発の拡大、移住者の増加により外来種の移入が生じている。

●ニオコロ・コバ国立公園(セネガル 自然遺産)
 密猟とダム建設計画による危機に晒されている。ダムの建設計画地が登録地近くの上流であるため。

●サマッラ考古都市(イラク 文化遺産)
 イラクの政治的不安のため遺跡の多くの保護が危ぶまれている。

危機遺産指定の解除

ユネスコ世界遺産委員会によって、「顕著で普遍的な価値」が認められ、一定の条件を満たすと判断されると、世界遺産に登録されます。しかし、登録と同時に、またはその後の保全状況の報告、再審査によって、その「顕著で普遍的な価値」が危ぶまれると、「危機遺産」(「危機にさらされている遺産」)と指定されます。それでも、その後の努力で後世へ残されると判断された場合は、危機指定を解除されることもあります。

2007年にニュージーランドで行われた第31回世界委員会では、新たに危機遺産に指定された物件が3件あった一方で、保全の努力が認められ、危機指定を解除された物件が4件ありました。

危機指定を解除された物件

●カトマンズ盆地(ネパール 文化遺産)
急激な都市開発で2003年に危機リストに記載されました。その後、ネパール政府の歴史遺産保護のための努力が認められ、危機リストから除外されました。

●リオ・プラターノ生物圏保護区(ホンジュラス 自然遺産)
1996年、木材の伐採、狩猟、農地拡大により危機リストに記載。その後、ホンジュラス政府による是正努力により危機リストから除外されることになりました。

●エヴァーグレース国立公園(アメリカ合衆国 自然遺産)
周辺の都市開発や公害、ハリケーン被害で1993年に危機リストに記載されましたが、修復のための科学的、経済的努力により危機を脱したと認められ、危機指定を解除されました。

●アボメーの王宮(ベナン 自然遺産)
1984年発生の竜巻被害により、1985年に危機リストに記載。世界遺産基金の援助とベナン政府の保全計画の効果が認められ、リストから除外されることになりました。

各国の保全努力で危機リストから除外される物件がある一方で、オマーンのアラビアオリックス保護区のように危機遺産リストに挙げられるまもなく、登録抹消されてしまった物件もあります。