日本の世界遺産 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


世界遺産ブームの日本

現在、日本で世界遺産に登録されているのは全部で14件。うち、自然遺産は3件、文化遺産は11件です。
2007年のニュージーランにおける第31回ユネスコ世界遺産会議で島根県「石見銀山遺跡とその文化的背景」が文化遺産に登録され、石見銀山に続け! と、各地でますます世界遺産登録運動が盛り上がりをみせています。

日本が暫定リストに挙げているのは次の8件です:

●文化遺産
・古都鎌倉の寺院・神社ほか(1995年1月)
・彦根城 - (1995年1月)
・平泉の文化遺産 - (2001年6月)
・富岡製糸場と絹産業遺産群 - (2007年1月)
・長崎の教会群とキリスト教関連遺産 - (2007年1月)
・飛鳥・藤原の宮都とその関連遺産群 - (2007年1月)
・富士山 - (2007年1月)
・国立西洋美術館本館 - (2007年9月)
●自然遺産
・小笠原諸島 - (2007年1月)
●複合遺産
なし

ところが、現在日本全国にわたり、さらに多くが暫定リストへ、さらには世界遺産登録へ向け熱いキャンペーンを繰り広げています。可能性が高いものから少々難がありそうなものまでさまざまです。たとえば・・・?

可能性が高いのは、まず、北海道の「クリスキー自然保護区と国後の自然遺産」です。ロシアも登録を検討中で、IUCNもその自然の価値を評価しています。
さらに北海道では、霧で有名な「摩周湖」、「函館要塞」などです。
また、北海道、青森、岩手、秋田でそれまで別々に運動をしていた「道南・北東北の縄文遺跡」も一括して運動をし、可能性を高めています。また、山形の「出羽三山と最上川が織りなす文化的景観」は文化庁の第1回暫定リスト公募への応募から審査を継続中です。
関東地方では、栃木県の「足尾銅山」。2007年ニュージーランドでの第31回ユネスコ世界遺産会議で島根県の「石見銀山遺跡とその文化的景観」が文化遺産に登録されたのに続き、この栃木県の足尾銅山や、新潟県の佐渡銀山なども運動中です。
その他、「天橋立」、「立山・黒部」、「善光寺」、大阪の「太陽の塔」「四国八十八所霊場と遍路道」「四万十川」「鳴門海峡」など、運動を展開中です。
また、無形文化遺産として、岐阜県「長良川鵜飼」が運動中です。

このようにしてみると、その地域の方々がどれほどその物件を大切な遺産として保持していこうとしているか、よくわかります。また、日本にはこんなにたくさんの魅力があるのだな、と感心もしますよね。

白川郷・五箇山の合掌造り集落

合掌造りというのは、養蚕のために屋根裏に棚を設置したのが始まりといわれ、時代は江戸時代にまでさかのぼります。白川郷と五箇山の集落地帯は、日本でも有数の豪雪地帯です。そのため雪下ろしの作業を軽減すると共に、屋根裏の床面積を拡大するために、急な角度をもつ茅葺屋根となったといわれています。

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、1995年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。岐阜県の白川郷と富山県の五箇山にわたる飛鳥地方です。

集落は南北に細長い谷に位置し、南北から吹く強風が屋根に当たる面積を少なくするために、家屋が東西を向いているのも特徴的です。

文化遺産の登録基準、4,6を満たしていると認定されました:

基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。

基準6:特に、回復困難な変化の影響下で損傷されやすい状況にある場合における、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の顕著な例。

白川郷・五箇山の合掌造りが現在まで残った理由のひとつは、この地域が豪雪地帯であったため、周囲との交通路整備が遅れたたことがあります。また、「結(ゆい)」といって、地域住民が連携形式を組み、合掌造りを守るために補修や茅葺の葺き替えを行ってきたことも貢献しています。しかし、この地域の過疎化や住民の高齢化で、結の活動を維持していくのは難しくなりつつあります。

また、世界遺産への登録後、観光客が激増しました。それにより、実際にここで生活している方々のプライバシーが損なわれ、摩擦が起きています。さらに、2007年度の東海北陸自動車道の開通など、開発の波は押し寄せています。

歴史遺産の保全と観光開発、地域住民との軋轢など、世界遺産をめぐる典型的な問題がここでもみられます。



紀伊山地の霊場と参詣道

2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」は、ユネスコの世界遺産(文化遺産遺産)に登録されました。和歌山県、奈良県、三重県にまたがる、寺院や参詣道全体を指します。吉野山・大峯山、熊野(熊野三山、那智大滝など)、高野山(金剛峰寺など)、および参詣道(熊野古道)などの遺跡があります。

ユネスコの世界文化遺産の登録基準、2,3,4,6を満たすと認められました。

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
 ■紀伊山地の文化的景観を形成する記念碑と遺跡が振動と仏教の融合である。
 ■東アジアにおける宗教文化と発展を例証する。

基準3:現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。
 ■紀伊山地の神社と仏教寺院は、その関連の宗教儀式も含め、1000年以上にわたる日本の宗教文化の発展の優れた証拠となる。
 
基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。
 ■紀伊山地は神社・寺院建築の形式創造の素地となり、当地域以外の日本の寺院・神社建築に重要な影響を与えた。
 
基準6:顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
 ■紀伊山地の遺跡と森林の景観は、過去1200年以上にわたる聖山の伝統を反映している。

このようにその「顕著で普遍的な価値」を認められ、その保全に向けた努力がなされている一方で、さまざまな問題も起きています。

他の世界遺産と同様、紀伊山地一帯でも、観光地化の影響による遺産本体およびその周辺の損壊が著しいという問題が生じています。また、遺産に登録されたことから、地権者が本来の職業である林業ができなくなってしまい、抗議をしているという問題もあります。さらに、古道の整備や、風力発電による眺望への影響など、開発と保全との摩擦が起こっています。

原爆ドーム(広島県広島市)

原爆ドーム(広島県)は、1996年に世界文化遺産として登録されました。登録の基準は、6を満たしているとの評価です。

基準6:顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

ただし、原爆ドームの登録審議が行われた1996年の世界遺産審査委員会でアメリカ合衆国は登録に強く反対し、調査報告書の記述から「世界で初めて使用された核兵器」という文字を削除させました。

また中華人民共和国も、日本の戦争への反省不足を理由に棄権に回ったという経緯があります。現在、原爆ドームは、原爆の惨禍を示すシンボルとして、「負の遺産」に登録されています。ま

一方、破壊された当事の形を保ったまま保存することがこの建物の特徴です。そのため、落下や崩落の危険性のある箇所は保存工事で補修、撤去されて定期的に作業が行われているとはいえ、保存には難しい問題があります。

地震の多い日本では危険が大きいのです。
また、周囲の開発に対して、周辺の景観が損なわれるという問題も起こっています。そのため、危機遺産に登録されてしまうのではないか、という懸念もあります。

周辺には、原爆投下の目標となったとも言われる相生橋が係り、広島平和記念公園が広がっています。学生時代に修学旅行で訪れた方も多いかもしれません。

中沢啓治の漫画『はだしのゲン』など、原爆の被爆体験を伝える作品と共に、戦中、戦後の激動の時代を伝える、有形の文化財としていつまでも守っていきたい文化遺産です。

姫路城(世界文化遺産・兵庫県姫路市)

姫路城は、ユネスコの世界遺産「文化遺産」に1993年に登録されました。兵庫県姫路市にあるお城です。国の特別史跡で、その白漆喰の城壁の美しさから「白鷺城(はくろじょう)」と呼ばれています。

松本城、彦根城、犬山城とこの姫路城を含めて「国宝四城」といいます。なかでもこの姫路城は、南北朝時代の築城といわれます。築城以来の姿を良く残し、「天下の名城」と呼ばれます。2006年には「日本の100名城」に選定されました。

現在、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭は、全国に12箇所しか存在していません。ただし、戦前、戦後と天守の修理には膨大な費用がかけられてきました。1964年当事で約10億円相当です。さらに2009年からの大修理(予定)は、10億円以上かかると予定されています。

世界文化遺産としては、文化遺産の登録基準の基準1、4を満たすと求められました:

基準1:人類の創造的天才の傑作を表現するもの。

基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。

ICOMOSは、登録前の1992年9月と1993年4月に調査を行い、以下の点を優れていると評価しています:

●木造建築物として建物の容積と配置について絶妙にバランスが取られ、漆喰の城壁を持つ優れた美をもっていること。
●明治以前の封建制度の象徴であること。
●日本の木造建造物として最高のものであること。
登録地域は、中曲輪より内側となっており、さらにその周囲がバッファゾーンとして指定されています。また、ICOMOSは、さらに登録後も1993年8月に調査を行っています。

姫路城には、宮本武蔵の妖怪退治の伝承などが残り、小説では、吉川栄治『本武蔵』や泉鏡花『天守物語』にも登場します。
またその美しさから、多くの映像作品(『暴れん坊将軍』『水戸黄門』など)で江戸城などの代わりとして用いられています。

日光の社寺(世界文化遺産・栃木県日光市)

日光の社寺は、1999年12月のユネスコ世界遺産委員会で、世界文化遺産として登録されました。文化遺産としての基準1,2,6を満たしているとされました:

基準1:人類の創造的才能を表現する傑作。

基準2:人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。

基準6:顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

日光の社寺とは、栃木県日光市に存在する寺院等の総称で、以下の遺跡を指します:

●日光東照宮
●日光二荒山神社
●日光山輪王寺
103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」
他に、これらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」 徳川家康のお墓

日光東照宮は、江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した、東照大権現を祀り、日本全国の東照宮の総本社的存在です。

日光東照宮で有名なのが「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿です。これは8枚の浮彫画面の一枚で、人間の平和な一生の過ごし方を示している教えです。その他、日光の彫像には、「眠り猫」があります。奥社入口を護っています。「猫も寝るほどの平和」を示しています。

日光二荒山神社は、日光三山(男山、女峯山、太郎山)を含む日光連山8峰や華厳滝、いろは坂などを境内に含み、その広さは3400ヘクタールという、伊勢神宮につぐ面積です。日光三山は、神体山で、神が鎮まる霊峰として古くから信仰されてきました。

日光山輪王寺は、天台宗寺院です。奈良時代に創建され、徳川家康の庇護のもとで繁栄しました。その後、明治初年の神仏分離令で寺院と神社が分離されました。「日光の社寺」として共に世界遺産登録された、日光東照宮と日光二荒山神社と共に、「二社一寺」と呼ばれています。徳川家康をまつる霊廟など、国宝、文化財を多数所有しています。

白神山地(世界自然遺産・青森県/秋田県)

白神山地は、1993年11月にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。青森県と秋田県にまたがる白神山地は、法隆寺地域の仏教建築物、姫路城(以上、文化遺産)、屋久島(自然遺産)と共に、日本で最初に世界遺産として登録されました。人の手が加えられていないブナの原生林からなる山地です。

世界遺産登録基準の、自然遺産基準9を満たしていると認められ、登録されました。

基準9:陸上、淡水、沿岸、および、海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

白神山地が世界遺産に登録されたのは、他の名勝地のような美しい自然や広大な景色からではありません。ブナというのは、シイタケ栽培ぐらいにしか利用価値がなく、寿命も200年といわれ、短命です。
そのため自然に放置されたブナは他の樹木や生物の生存に対して重要な栄養源となります。

白神山地には、若木から大木、老木、さらには朽ち果てたものまでが手つかずで残されており、このような原生地区が世界的にも珍しい、ということが登録の理由となったのです。また、白神山地は現在も隆起が進みつつあり、地盤が弱いために林道を作っても崖崩れでふさがれてしまいます。また冬季は雪に埋もれることも、人為の影響を拒む結果を招いたのでしょう。

白神山地全体の面積は13万haですが、そのうちユネスコの世界遺産に登録されたのは、約1万7千haです。世界遺産に登録されたのは、その広大な面積のなかでも特に、林道などの整備がまったく行われていなかった中心地域です。

これらの地域は世界遺産登録以来、開発が止められています。登録以前からあった登山道しかなく、今後も整備の予定はありません。禁猟域であり、また禁漁ともされています。林道すらないことから、中央部の核心地域では世界遺産登録後、遭難事故で死者も出ています。

自然遺産登録地区およびその周辺には、暗門の滝、津軽峠、津軽国定公園十二湖、白神岳、など、見どころがあります。しかし、登録後、観光客のマナーの悪さが指摘されるなど、問題も生じています。

屋久島(世界自然遺産・鹿児島県)

屋久島は、1993年12月にユネスコの世界自然遺産に登録されました。

屋久島は、九州大島半島の海上に位置する、鹿児島県の島です。円形に近い5角形で、鹿児島県の島としては奄美大島に次いで2番目、日本全土でも9番目に大きな島です。
島の周囲約132キロメートル。大部分は花崗岩からなります。中央部には宮之浦岳など、1,000メートル級の山がそびえ、「洋上のアルプル」の呼び名があります。

亜熱帯から亜寒帯に及び多様な植物相が見られ、日本最南端の高層湿原、小花之江河、花之江河が存在します。縄文杉をはじめ、屋久杉の大木が自生。ガジュマル林もあります。

島北西部の砂浜は、「屋久島永田浜」という名でラムサール条約にも登録されました(2005年)。

このように屋久島には豊かで美しい自然が残され、自然遺産登録の基準の7、9を満たしていると認められ、登録されました。

基準7:ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ、最高の自然現象、または、地域を含むもの。

基準9:陸上、淡水、沿岸、および、海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

屋久島は、NHK連続小説「まんてん」などにも登場しています。また、屋久島北部を流れる宮之浦川支流の白谷雲水峡は、宮崎駿監督映画作品「もののけ姫」の舞台のモデルのひとつにもなっています。巨岩が広がり、原生林に覆われています。屋久杉の密集地帯に移行する段階です。弥生杉は樹齢3000年を誇ります。

屋久島の豊かで、多様な自然環境のなかで、登山や、カヤック・カヌー、沢登りなど、さまざまなエコツアーを満喫してみるのもいいですね。

琉球王国グスク及びその関連遺跡群(沖縄県他)

「琉球及び関連遺跡群」は、2000年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。グスクなどの琉球王国の史跡群を総称した名称です。
グスクというのは、沖縄県を中心に奄美諸島から八重山諸島にかけて多数存在する、「古琉球(グスク)」時代の遺跡をいいます。

「グスク」は、標準語では「城」と訳されます。しかし、グスクのすべてが軍事拠点として使われていたわけではありません。また、地域によって形態や呼び方に違いがあります。

世界遺産(文化遺産)の登録基準(1〜6)のうち、「琉球及び関連遺跡群」は、基準の2、3、6を満たすとみなされ、登録されました:

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準3:現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠となるもの。

基準6:顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの。

「琉球王国のグスク及び関連遺跡群」の具体的なものは以下のものです:
 ●今帰仁城跡
 ●座喜味城跡
 ●勝連城跡
 ●中城城跡
 ●首里城跡
 ●園比屋武御嶽石門
 ●玉陵
 ●識名園
 ●斎場御嶽

沖縄を訪れ、その美しい海辺や温暖な気候にほっと心を癒すと共に、その地が経てきた歴史に思いを馳せてみてはどうでしょう。一味違った、奥深い旅となるのではないでしょうか。

石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、2007年第31回のユネスコ世界遺産会議で世界文化遺産に登録されました。文化遺産の登録基準である、2,3,5を満たすことが認められたのです:

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準3:現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。

基準5:特に、不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の際立った例。

石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけての日本最大の銀山で、その鉱脈は現在の島根県に位置します。日本を代表する鉱山遺跡としてすでに1969年に国の指定の遺跡に登録されていました。

「石見銀山遺跡とその文化的景観」を日本政府が世界遺産の登録の前提となる暫定リストに掲載したのは、2001年です。「東西文明交流に影響を与え、自然と調和した文化的景観を形成した類を見ない鉱山である」ということでした。

しかし、審査にあたるICONOS(国際記念物遺跡会議)は、遺跡の「普遍的価値」について証拠不十分とし、登録の延期を勧告したのです。

しかしユネスコ政府代表が石見銀山の特徴である、「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」を積極的に紹介したことから、「21世紀が必要としている環境への配慮」がすでに行われていたということで登録に至ったのです。

厳島神社(文化遺産・広島県)

厳島神社は、広島県の厳島(宮島)にある神社です。日本全国に約500社ある厳島神社の総本社で、1996年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

登録の基準として、基準1,2,4,6を満たしていると評価されました:

基準1:人類の創造的天才の傑作を表現するもの。

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。

基準6:顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの。


厳島神社は、宗像三女神を祀ります。三女神のひとり、市杵島姫命は、神仏習合時代に弁才天と習合したことから、厳島神社は、江ノ島、竹生島とともに日本三弁天のひとつとされています。

厳島神社がある、厳島(宮島)は、「安芸の宮島」と呼ばれ、宮城県の「松島」、京都府の「天橋立」と並び、日本三景の1つと呼ばれます。
安芸の宮島は平家納経で有名です。厳島神社の平舞台は、大阪天王寺の四天王寺の石舞台、同じく大阪住吉区の住吉大社の石舞台と共に、「日本三舞台」の1つにもなっています。

厳島神社は非常に台風の影響を受け易く、台風が来るたびに何らかの被害をこうむっています。最近では、2004年の台風18号で国宝附指定の「左楽房」が倒壊しました。さらに最近では、高潮の被害も報告されています。

法隆寺地域の仏教建造物

「法隆寺地域の仏教建築物」は、1993年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。
世界文化遺産の登録基準1、2、4.6を満たしていることが認められたためです。

具体的に、国連から依頼を受けて文化遺産の現地調査にあたる、ICOMOS(国際記念物遺跡委員会)は、基準について次のように述べています。

基準1:「人類の創造的天才の傑作を表現するもの。」具体的には、「法隆寺の建築物群が、木造建築としての構造・配置量観点から傑作である。」

基準2:「ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。」具体的には、「同建造物群が、仏教伝来直後の仏教建築物で、日本の宗教建築に深い影響を及ぼした。」

基準4:「人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。」具体的には、「同建造物群は、中国文化への順応、日本の寺院建築の配置、および結果的に日本独自の様式を確立した代表的な例である。」

基準6:「顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの。」具体的には、「日本への仏教の流入、および聖徳太子の仏教奨励が、同地域への仏教の浸透に際立った特徴を示している。」

「法隆寺地域」とは、奈良県生駒郡斑鳩町を指し、法隆寺および法起寺の建造物のことです。
この地域の仏教建築物は、聖徳太子と深い関連があります。

中国の六朝時代の建築の影響が強いことでも知られ、法隆寺の西院伽藍は、世界最古の木造建築物といわれています。明治時代初期、仏教寺院や仏像などを廃毀し仏教に対して弾圧を加えた「廃仏毀釈」によって、法隆寺をはじめとするこれらの寺院も打撃を受けました。

しかし第二次世界大戦後、文化財保護法により国宝ならびに重要文化財に指定され、世界遺産への登録に至ったのです。

日本には世界遺産がいくつあるの?

今度のお休みにはどこに行こうか?
北は北海道から、南は沖縄まで、日本にもたくさんの世界遺産があります。

事前にちょっと知識を得てから出かけてみると、新たな日本の魅力が見えてくるかもしれません。日本の世界遺産めぐりを是非、したいものです。

ユネスコの世界遺産に登録されている、日本国内の文化・自然遺産は、2007年現在、14あります。文化遺産が11、自然遺産が3です。複合遺産はありません。


●文化遺産
・法隆寺地域の仏教遺跡(1993年12月)・・・奈良
・姫路城(1993年12月)・・・兵庫
・古都京都の文化財(1994年12月)・・・京都
・白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年12月)・・・岐阜・富山
・原爆ドーム(1996年12月)・・・広島
・古都奈良の文化財(1998年12月)・・・奈良
・日光の社寺(1999年12月)・・・栃木
・琉球王国のグスク及び関連遺跡群(2000年12月)・・・沖縄
・紀伊山地の霊場と参詣道(2004年7月)
・石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年6月)・・・島根

●自然遺産
・屋久島(1993年12月)・・・鹿児島
・白神山地(1993年12月)・・・青森・秋田
・知床(2005年7月)・・・北海道

その他、日本政府は、登録の前提となる暫定リストに次の8箇所を挙げています。2007年現在、文化遺産候補が7件、自然遺産候補が1件です。これらの価値が認められると、世界遺産として登録されることになります。

●文化遺産候補
・鎌倉の社寺や構造物(1995年1月)
・彦根城(1995年1月)
・平泉の文化遺産(2001年6月)
・富岡製糸場と絹産業遺跡群(2007年1月)
・長崎の教会群とキリスト教関連遺産(2007年1月)
・飛鳥・藤原の宮群とその関連遺跡群(2007年1月)
・富士山(2007年1月)
・国立西洋美術館本館(2007年9月)

●自然遺産
・小笠原諸島(2007年1月)
●複合遺産
なし

自然遺産「知床」(北海道)

日本にある3つの世界自然遺産のうち、最も直近の2005年(平成17年)7月に登録されたのが、「知床」です。知床半島は、北海道の東北端に位置します。周囲をオホースク海と根室海峡に囲まれています。

●所在地と面積
・北海道斜里郡斜里町、北海道斜里郡斜里町、目梨郡羅臼
・知床半島中央部から先端部にかけた陸域とその周辺海
・中心部 北緯44°07′23″、 東経145°09′36″
・710km2 (陸域487km2、海域223km2)

●自然の特徴
知床は、世界で最も低緯度の季節海水域であり、北半球でもっととも低緯度で流氷を観測できる地域です。流氷によってもたらされた栄養分が植物性プランクトンを大量に発生させ、食物連鎖の基盤となります。そしてトドなどの海洋生態系と、ヒグマなどの陸上生態系が相互に関係し、複合生態系を形成しています。

その他、知床には、海浜植物のハマナスやハマニンニクから、高山帯の岩礫に生育するシレトコスミレやメアカンフスマ、コマクサなど、海抜の低いところから高いところまで垂直的な植物の分布がみられます。シレトコスミレやチシマコハマギクなどは、知床固有の希少種です。

また、国際的な希少種でもある、シマフクロウやオオワシ、オジロワシも生育しています。日本最大の陸上食肉類であるヒグマ、エゾシカなど、大型の哺乳類も高密度でも棲息しているのです。これらはいずれも知床の豊かな自然を象徴しています。

現在、遺産地域の適正な保全管理の推進のため、「知床世界自然遺産地域連絡協議会」が設置されています。また、「知床世界自然遺産地域管理計画」も作成され、管理体制を整えています。

古都奈良の文化財

1994年に京都・滋賀県の「古都京都の文化財」がユネスコの世界文化遺産に登録され、その後1998年には、奈良県「古都奈良の文化財」が同じく、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

日本では9件目の登録です。奈良県では京都よりも先に、法隆寺と法起寺をはじめとする「法隆寺地域の仏教建造物」が1993年に世界文化遺産に登録されています。

文化遺産登録基準の2,3,4,6を満たしていることが認定されたためです。

基準2:「ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。」具体的には「古都奈良の文化財は日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有しており、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり後世の発展に重要な影響を与えることになった。

基準3:「現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。」具体的には、「奈良の建築遺産は、奈良が首都であった時代に開花した日本文化の唯一の証左である。」

基準4:「人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。」具体的には、「奈良における皇室宮殿の配置と現存文化財の設計は、初期アジアの首都群の建築と都市設計に関するきわだった例である。」

基準6:「顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰、または、芸術的、文学的作品と、直接に、または、明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。」具体的には、「奈良の仏教寺院と神社は、ひときわ優れた形で宗教の連続的な力と影響を証明する。」

対象となったのは、東大寺および正倉院、興福寺、春日の大社、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城京跡、春日山原生林です。先に登録された法隆寺と並び、修学旅行などで訪れたことがある人も多いのではないでしょうか。

古都京都の文化財

法隆寺と法起寺をはじめとする「法隆寺地域の仏教建造物」が、1993年にユネスコの世界文化遺産に登録されたのに引き続き、その翌年の1994年には、修学旅行でもお馴染みの金閣寺、銀閣寺をはじめとする「古都京都の文化財」が同じく、世界文化遺産に登録されました。

さらにこの後、1998年には、大仏で有名な東大寺、正倉院をはじめとする「古都奈良の文化財」も文化遺産に登録され、日本の世界遺産ブームに火をつけたといっていいでしょう。

「古都京都」とは、京都府京都市・宇治市および滋賀県大津市一帯です。文化遺産登録の基準、2,4を満たしていると認定されました。

基準2:「ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。」具体的には、「京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとって主要中心地であった。そのように、京都は日本の文化的伝統の創出において決定的な役割を果たし、特に庭園の場合において、それは19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えた。

基準4:「人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、技術の集積、または景観の優れた例。」具体的には「京都の現存文化財における建築と庭園設計の集積は前近代における日本の物質文化のこの側面に関する最高の表現である。」

対象となったのは、金閣寺(鹿苑寺)、銀閣寺(慈照寺)の他、「清水の舞台」で有名な清水寺、庭で有名な西芳寺(苔寺)や龍安寺、さらに、上鴨神社、下鴨神社、東寺、延暦寺、醍醐寺、仁和寺、平等院、宇治上神社、高山寺、西本願寺、二条城です。

京都には、他にも「鴬張り廊下」で有名な知恩院や、京都御所、嵯峨嵐山、桂離宮など、世界遺産に登録されて決して不思議ではない物件が多数あります。実際、これらの物件の追加登録の計画がもちあがっています。



ユネスコのさまざまな活動

世界遺産をめぐる活動で有名なユネスコ、国際連合教育科学文化機関、は1945年11月に採択された「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づき、1946年に設立されました。
教育、科学、文化の発展と推進を目的とする国際連合の専門機関です。

ユネスコの主な活動

1.「万人のための基礎教育」
2.「文化の多様性の保護および文明間対話の促進」

世界遺産の登録と保護は、2に基づきます。ユネスコはその他に、1の活動として、識字率の向上や義務教育の普及活動を行っています。

この1の活動は、日本の財団法人ユネスコ協会連盟においては、「寺子屋運動」として展開されています。世界中のすべての人に教育の機会を提供し、読み書きや計算を学べるようにしようという運動です。

具体的には、学習の場の建設、識字と生活技術の授業、教員・寺子屋運営者の研修、さらに教材づくりも行います。

2002年〜2013年は、「国連識字の10年」と定められました。すべての子どもたちが学校に通えるように、また成人女性の識字率向上を目指しています。

その他、「一杯のスプーン」と題し、発展途上国の寺子屋で学ぶ子どもたちや、スラムで生活する子どもたちへ給食を提供し、栄養プログラムを実施する活動です。
これは1974年に始まった国際協力活動です。食糧、医薬品の支援も行っています。たとえば、アフガニスタンの子どもたちに緊急薬品と食料支援、ネパールの仏教協会へ医薬品と食料支援を行っています。

日本ユネスコ協会連盟は、これらの活動への協力として募金や書き損じのはがきの回収を呼びかけています。さらに、この現実をじかに体験し、支援のあり方やニーズを知るために、協会では「寺子屋運動スタディツアー」も行っています。

私たちが日本で当然のように受けた義務教育を受けられない子どもたちが世界には、7700万人いるといわれます。文字の読み書きができない人は7億8100万人に上ります。

この現実を考えるとき、私たちは自分たちがいかに恵まれているかを実感すると共に、その機会を奪われてしまっている世界の子どもたち、人びとに何かできることはないか、と真剣に思います。

世界遺産劇場(日本)

現在日本でユネスコの世界遺産に登録されているのは、14箇所です。

文化遺産が11箇所、自然遺産が3箇所です。その日本全国の世界遺産を舞台に、劇場空間を設定し、わが国を代表するアーティストらがパフォーミングを繰り広げるのが、「世界遺産劇場」です。
世界遺産をより多くの人びとに理解していただき、ユネスコの運動の普及と啓発を目指す活動のひとつです。

ユネスコは1972年、「世界遺産条約」を採択しました。貴重な文化遺産を次の世代へ世界的な協力によって受け継いでいくためです。

その後、2003年には「無形文化遺産の保護に関する条約」を採択しました。有形の遺産に限らず、広く無形の文化遺産も後世に伝えていくためです。

ユネスコ創立60周年を記念し、日本では、今年誕生60年を迎える、「民間ユネスコ協会」が中心となり、2006年5月、奈良・東大寺大仏殿から始まり、2008年までの3年間、「世界遺産劇場」のアートプロジェクトを実施しています。

有形・無形の文化遺産に広く焦点をあて、世界遺産のある地域の人びとがその文化遺産を資源に、地域の風土にちなんだ個性と誇りを創造していこうという企画です。

2006年は、狂言の野村万作らの出演で、奈良・東大寺で世界遺産劇場が会されました。その後、それを皮切りに、厳島神社、下賀神社で「世界遺産劇場」と題した、伝統芸能、舞台芸術、コンサートが実施されました。

2007年度は、日光の社寺、熊野古道(紀伊山地の霊場と参詣道)、姫路城での公演が予定されています。第6回目にあたる姫路城での公演は、2007年11月2日に予定されています。

森山直太朗と今井美樹を迎えてのコンサートです。日本を代表するトップアーティストが世界遺産の姫路城でどのようなアートを繰り広げるのでしょうか。

歴史と現在が溶け合う空間、時間を是非、覗いてみたくなりますね。

鎌倉幕府ゆかりの社寺や構造物(神奈川県鎌倉市)

鎌倉幕府から150年もの間、鎌倉は政治の中心であるばかりか、武家文化の中心としても栄えてきました。
現在もその面影を残す武家の町並みは、多くの観光客を集めています。鎌倉の大仏、鶴岡八幡宮、建長寺・・・など、鎌倉の社寺と建造物は、1992年、ユネスコの世界遺産の文化遺産候補として暫定リストに登録されました。

現在、鎌倉市は登録に向けた調査やPR活動を展開し、2008年度以降の登録を目指して運動を継続しています。

具体的な申請対象は、以下のものです(予定):

●宗教建築・遺構
 建長寺
 円覚寺
 鶴岡八幡宮
 法華堂跡
 荏柄天神社
 覚園寺(かくおんじ)
 瑞泉寺
 永福寺(ようふくじ)跡
 東勝寺跡
 鎌倉大仏殿跡
●道路や屋敷跡等の遺構
 若宮大路
 名越切通
 朝夷奈(あさいな)切通
 巨福呂(こぶくろ)坂
 亀ヶ谷(かめがやつ)坂
 仮粧(けわい)坂
 大仏切通、極楽寺坂
 北条氏常盤亭跡
 和賀江嶋(わがえのしま)


鎌倉は、古来からの都、平城京や平安京と大きく異なり、日本で初めての向けの都市です。南側は海に面し、東、北、西は山に囲まれているという自然の要害に恵まれているため、城壁などの構造物はなくとも要塞都市として機能を果たす日本で唯一のものです。
これはユネスコの文化遺産基準の3,4に該当すると考えられます。

また、鎌倉では、「やと」あるいは「やつ」と呼ばれる小さな谷が開発され、他に類を見ない独創的な特徴の都市を作り出しています。

谷底には「平場」が造成され、そこには大小の寺院が建立されました。また、切り立ったがけの「切岸」には、横穴が掘られ、「やぐら」と呼ばれる独自の墓所もしくは聖所が作られたのです。

これらの町並みの特徴は、文化遺産基準の5に該当すると考えられています。

マラケッシュの旧市街メディナ

アラブの国々に数多くあるメディナ「旧市街」のなかでも、旅人にとって最も安心して歩ける、楽しめるメディナのひとつがモロッコの世界遺産マラケッシュのメディナです。中心のジャマ・エル・フナ広場では大道芸人たちが得意の技を披露します。
アクロバットの芸人さん、火吹き男、蛇使い・・・その間を、名物の「水売り」が聞きします。ちなみにカメラを向けると・・・ちゃっかりチップを要求されます。1回5〜10DH。また、ヘナを描いてくれる人もいる。旅の思い出に挑戦してみるのもいいですが・・・下手な人もいるのでひとつのかけ?かもしれません。一度画いたら、2週間程度は消えません。

物語を語る語り部の周りには人びとが輪をなしています。
その昔、学校に行くことができなかった人たちにとって、絵物語りは、歴史を学ぶ重要な手段だったといいます。毎日が縁日のようなにぎわいで、日暮れ時ともなれば、おいしそうな匂いに包まれ、屋台が立ちます。モロッコ料理に舌鼓を打ってはどうでしょう?

ジャマ・エル・フナ広場のにぎわいは、毎日深夜1:00頃まで続きます。マラケッシュの人びとは、この広場を「ジャマ」または「ラ・プラス」と略して呼びます。人びとにとってここはまさに生活の場であり、集いの中心なのです。ちなみに「ジャマ・エル・フナ」とは、「死者たちの広場」の意味。かつてここは公開処刑場だったといいます。現在は、「ジャマ・エル・ファターヌ」(芸術家たちの広場)とも呼ばれています。

広場の北側にはモロッコ最大のスーク(市場)があります。また、マラケッシュで最も美しいアグレブの門も必見です。

tag:マラケッシュ