メディナと世界遺産 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


メディナと世界遺産

ユネスコに指定された世界遺産が、モロッコには現在8か所あります。モロッコにおける世界遺産の特徴、および魅力は、人びとが現在も生活している街そのものが世界遺産の指定を受けているということ。史跡や建築物、それをめぐる人びとの息遣いが感じられ、それが最大の魅力となっています。

1.マラケッシュのメディナ
2.アイト・ベン・ハッドゥ
3.フェズ・エル・バリ
4.古都メクネス
5.ヴォルビリス
6.ティトゥアンのメディナ
7.エッサウィラのメディナ
8.アル・ジャディーダのポルトガル都市

モロッコは、北西アフリカのアルジェリア、チュニジアと合わせて「マグレブ」と呼ばれます。マグレブとは、「西方」つまり、「日の没する土地」の意味。「日の出ずる国」と呼ばれた時代もあった日本とは対照的な・・・だからこそなにかつながりを感じる位置にあります。

モロッコの街は、ほとんどが旧市街(メディナ)と、新市街に分かれています。旧市街は、7世紀にアラブ人が侵入してきたときに作られた古い街並み。「メディナ」とは、アラビア語で「預言者の町」を意味します。一方、新市街は、19世紀に発達した、近代的な街です。世界遺産に指定されたメディナは、いずれも人がやっとすれ違えるかどうかの狭い路地がくねくねと迷路のように走っています。
そこには、スークと呼ばれる商店街や土産物店、住宅がまさにぎゅっと詰まっています。でも、商売に躍起になっているという感じはまったくなく、のんびりとしたやり取りが魅力となっています。

tag:モロッコ 世界遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25529100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック