デルフィの遺跡(ギリシア) 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


デルフィの遺跡(ギリシア)

アテネから北西へ約170km行くと、古代ギリシア宗教の中心部として栄えたデルフィがあります。

ここを訪れると、今でも、その神々しい聖域としての雰囲気をしみじみと感じます。古代ギリシアにあこがれてギリシアを訪れた人は、是非、このオリーブ畑の広がる聖地に足を踏み入れてみてはどうでしょう。

デルフィは古代ギリシアの都市国家、ポリスでした。現在ここはデルフィの遺跡として、1987年 ユネスコの世界遺産「文化遺産」に登録されています。

デルフィの遺跡は、アポロン神殿を中心とする神域と、都市遺跡からなります。
パルナッソス連山の懐に抱かれ、遠くにはコリンティアス湾を望むこの地では、かつてアポロンの神託が行われました。

神託というのは神のお告げです。全盛期は紀元前6世紀頃でした。デルフィの神託は、ギリシア神話にも登場します。また、「オイディプス王」の伝説にも登場しています。

デルフィの遺跡は、世界遺産登録基準の1,2,3,4,6を満たしているとして文化遺産リストに登録されました:

基準1:人類の創造的才能を表現する傑作。

基準2:ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準3:現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

基準4:人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

基準6:顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

アポロン神殿には、「大地のヘソ(オンファロス)」とされた石があります。ここで神託がおこなわれていたのです。古代ギリシアにおいて世界の中心であったここデルフィは、世界のヘソ「中心」としてあったのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10311995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック