自然遺産「知床」(北海道) 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


自然遺産「知床」(北海道)

日本にある3つの世界自然遺産のうち、最も直近の2005年(平成17年)7月に登録されたのが、「知床」です。知床半島は、北海道の東北端に位置します。周囲をオホースク海と根室海峡に囲まれています。

●所在地と面積
・北海道斜里郡斜里町、北海道斜里郡斜里町、目梨郡羅臼
・知床半島中央部から先端部にかけた陸域とその周辺海
・中心部 北緯44°07′23″、 東経145°09′36″
・710km2 (陸域487km2、海域223km2)

●自然の特徴
知床は、世界で最も低緯度の季節海水域であり、北半球でもっととも低緯度で流氷を観測できる地域です。流氷によってもたらされた栄養分が植物性プランクトンを大量に発生させ、食物連鎖の基盤となります。そしてトドなどの海洋生態系と、ヒグマなどの陸上生態系が相互に関係し、複合生態系を形成しています。

その他、知床には、海浜植物のハマナスやハマニンニクから、高山帯の岩礫に生育するシレトコスミレやメアカンフスマ、コマクサなど、海抜の低いところから高いところまで垂直的な植物の分布がみられます。シレトコスミレやチシマコハマギクなどは、知床固有の希少種です。

また、国際的な希少種でもある、シマフクロウやオオワシ、オジロワシも生育しています。日本最大の陸上食肉類であるヒグマ、エゾシカなど、大型の哺乳類も高密度でも棲息しているのです。これらはいずれも知床の豊かな自然を象徴しています。

現在、遺産地域の適正な保全管理の推進のため、「知床世界自然遺産地域連絡協議会」が設置されています。また、「知床世界自然遺産地域管理計画」も作成され、管理体制を整えています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10299424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック