石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県) 世界遺産★人類が共有すべき普遍的な価値



日本の世界遺産マップ


石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)

「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、2007年第31回のユネスコ世界遺産会議で世界文化遺産に登録されました。文化遺産の登録基準である、2,3,5を満たすことが認められたのです:

基準2:ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

基準3:現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠。

基準5:特に、不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の際立った例。

石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけての日本最大の銀山で、その鉱脈は現在の島根県に位置します。日本を代表する鉱山遺跡としてすでに1969年に国の指定の遺跡に登録されていました。

「石見銀山遺跡とその文化的景観」を日本政府が世界遺産の登録の前提となる暫定リストに掲載したのは、2001年です。「東西文明交流に影響を与え、自然と調和した文化的景観を形成した類を見ない鉱山である」ということでした。

しかし、審査にあたるICONOS(国際記念物遺跡会議)は、遺跡の「普遍的価値」について証拠不十分とし、登録の延期を勧告したのです。

しかしユネスコ政府代表が石見銀山の特徴である、「山を崩したり森林を伐採したりせず、狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」を積極的に紹介したことから、「21世紀が必要としている環境への配慮」がすでに行われていたということで登録に至ったのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10299160
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック